2022/04/20

未分類

劉美蓮さん著、西村正男さん監訳、廣瀬光沙さん訳『音楽と戦争のロンド 台湾・日本・中国のはざまで奮闘した音楽家・江文也の生涯』(集広舎)をこのほどご恵贈いただきました。江文也といえば「台湾舞曲」がベルリン五輪で入選し、東アジアを代表する音楽家となりながら、戦後は政治に巻き込まれて悲運の運命を歩んだ台湾出身の音楽家です。大著の翻訳出版、おめでとうございます。しっかり拝読したいと思います。

本の情報:https://shukousha.com/information/publishing/10262/

 

© 2022 Nojima Tsuyoshi