2022/08/18

未分類

【用九商店訪問 雲林/斗六 】
最近日本で翻訳出版され、話題となっている台湾漫画『用九商店』(https://cutt.ly/cXxgbxH)のモデルとなった雲林縣斗六市嘉東里を訪ねました。北天宮という媽祖をまつった廟の横のいかにも台湾らしい空間。商店は廟の向かいに移設していましたが、作者の阮光民さんのご親戚がいまも切り盛り、近所の人が次々と訪れて会話に興じる漫画と同じ店のままでした。尻尾がホウキになっている「老虎」という名前に似つかわしくない人懐っこい番犬がいます。「日本人で初めての訪問客」と言われました。コロナ明けにはきっと日本人の訪問客が増えてくるでしょう。

https://cutt.ly/cXxgbxH

 

© 2022 Nojima Tsuyoshi