2020/02/29

未分類

日本政府の方針である「軽症者はPCR検査せず」は間違いだと思うが、全校休校やイベント自粛、自宅勤務推進は、理論的には、コロナ対策として、実施もやむなきことかと個人的には思う。間違っていたのはコミュニケーションの方法、つまり伝え方の部分が大きい。前にFBでも書いたので、結果論的に言わせてもらう資格があると思うが、先週末の対策本部のときに自らが会見して首相の言葉で一括して発表すべきだった。そのうえで、今週に1週間という猶予期間を設けて、来週2日からまとめて実施、という形にしていたら全く違った反応だっただろう。「先手先手」と言う言葉が「後手後手」にしか聞こえない時点で、この一連のコロナ対策は第一段階としては失敗している。おそらく、先週末の時点で安部首相は、こうしたオプションはあっても、決断できる知見と心の準備がなかったのだろうなあと想像してしまう。結局、初動の大きな遅れ、甘い情勢判断ががすべての流れを狂わせているように思える。今日午後6時の首相会見は全国民が注視する記者会見になるけれど、でに多くの自治体が「従わない」と表明した休校要請をどう語っても国民にしっくり納得させるのは厳しいのではないだろうか。残念だけど。「この政府はベストを尽せていない」という不信感があるから。できればまずは「初期対応に失敗しました。ごめんなさい」と謝ってほしい。すべてはそこからではないだろうか。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012306621000.html

© 2020 Nojima Tsuyoshi